« 2009年2月のごんばちギャラリー | トップページ | 蔵開きツアー報告♪ »

2009年2月12日 (木)

スローフード「しいたけ」編

2/10(火)・・・上天気

ということで!

この日はごんばちで「しいたけ栽培」のワークショップ。

ごんばちの母の実家は山梨県の帯那村。
観光名所の「昇仙峡」に程近い里山。

ここでは今は亡き祖父が、そして今は叔父がしいたけを作っています。

自分も数年前には実際に山に入って、祖父にチェーンソーの使い方から教えてもらって原木を切り出し、ほだ木に菌を打ち込んで栽培した経験があります。

しいたけの自然栽培は菌付けから2度の夏を超えないと収穫はできません。
それだけに、初収穫のしいたけを口にしたときの感激は今でも忘れられません。

それでは作業開始

本日のメンバーは・・・

008_3

へっころレギュラースタッフ、卓矢&のんちゃん

009_2 

へっころOBスタッフ・ノブ&ごんばち常連さんのKEIKOさん

010_5 

へっころ&ごんばち常連さんの保住さん

037 

保住さんのお友達、山仕事の達人・山崎さん

011_2 

ごんばちの立ち上げの時など、昔から何かとお世話になっている鈴木さん

028_2 

山梨・帯那の里から叔父がほだ木となる原木を軽トラに積んで来てくれました

005 

018 

そしてこの種菌も山梨から

003_2 

木のビスのようなものに、しっかり菌が繁殖しています

014_2 

ドリルでこのビスにぴったりの穴を開け、かなづちで丁寧に打ち込みます

021_2 

中には蔓草が巻きついてこんな形になった原木も

031_3 

今回は1500ヶの種菌を打ち込みました

042_2 

こちらは山崎さんが持ってきてくれた「ひらたけ」のほだ木

きのこの種類によって原木となる木の種類も違って、山崎さんは山仕事や庭仕事で出た木を有効利用して栽培しているそうです。

山崎さん曰く、

「この木の最後のお仕事」

渋い言い回しです。

045_2

最後に男衆でパチ

さて、1年と6ヵ月後、どんなしいたけが誕生するか楽しみです

« 2009年2月のごんばちギャラリー | トップページ | 蔵開きツアー報告♪ »

おいしい・ここちよい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009年2月のごんばちギャラリー | トップページ | 蔵開きツアー報告♪ »

へっころ谷&ごんばち

  • へっころ谷&ごんばち
    安心素材、すべて手作りのナチュラルフード;天然創作料理と手打ほうとう 元祖へっころ谷(創業30年) ごはん処・お休み処 へっつい庵ごんばち(築85年の古民家食堂)
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ