« 稲刈り初日♪ | トップページ | 10月のごんばちギャラリー »

2010年10月22日 (金)

ぷっくる屋さんの石けん♪

自分の子どもたちのために・・とママさんた達が作り始めた石けん。
口に入れても安全なレベルの材料で作るその石けんは優しさに あふれた使い心地です。
お肌が乾燥する時期のスキンケアーにぜひお使いくださいね

Photo

ぷっくる屋さんの石鹸の特徴 

① 無添加石鹸を求めて
 私達の石鹸は、合成界面活性剤・防腐剤・酸化防止剤・合成着色料・合成香料等の石油化学成分は、一切含んでいません。 
植物性油の食用レベルのものを吟味して、ひとつひとつ手作りをしています。

 ② 「グリセリン」「スクワレン」「オレイン酸」がたっぷり
 石鹸の主成分のオリーブオイルには、天然の「グリセリン」「スクワレン」「オレイン酸」が多く含まれています。
 「グリセリン」は、水溶性の汚れも油溶性の汚れも両方落としてくれるのみならず、傷を修復してくれる作用まであるのです。 
その優れた性質ゆえ、「グリセリン」は、薬や乳液に使用する目的で一般の市販石鹸では、製造過程で「グリセリン」が取り除かれています。 
 「スクワレン」は、天然保湿成分であり、皮膚の軟化・形成を促し、肌を守る機能を維持します。
 「オレイン酸」は、肌の潤いと、すべすべとした感触のもとになります。
 石鹸を手作りすることで、これらの恩恵を100%受けることが出来る訳です。

 ③ 手作り石鹸の製法 ~自然熟成けん化法~
 「けん化」とは、油と苛性ソーダをあわせ、「石鹸」と「グリセリン」が出来る化学反応です。 
一般的な工場で作られる市販の石鹸の多くは、加熱によってけん化をすすめています。
 加熱によりけん化はあっという間に進み大量生産はできますが せっかくの油の肌に良い性質も早くいたんでしまいます。
 しかしながら、私達の石鹸は火にかけない「コールドプロセス」という自然熟成けん化法をとり、油と苛性ソーダをボールの中20分間休まず混ぜ合わせ、熟成に4週間かけています。 
この為、油の肌に良い性質をいためずに石鹸を完成させることが出来ます。

 薬事法上の取り扱いについて

残念ながら現在の日本の法律上では「設備を完備し、許可を受けた事業所を持たない」私達が、我が家の台所で作るこの石鹸は、浴用石鹸として販売許可を受けることが出来ません。 
ですから少しややこしい話になるのですが、お買い上げ頂いた石鹸は、薬事法上「浴用石鹸」ではなく「家庭用雑貨・多用途石鹸」としてお買い上げ頂くことになります。 
肌へのご使用はご自身の判断の上お願いすることになります。
その点をどうぞご了承下さい。 
ご使用の際には成分表示をご確認の上ご自身にアレルギーなどを起こす材料が含まれていないかご確認の上ご使用下さるようお願いいたします。 
合成洗剤を使用せず主成分が植物性と食用油なので、市販されているものよりアレルギーをおこすことが少ないと思われますが、万が一肌に異常が現れた場合、ご使用を中止し、専門医にご相談してください。

================

参考サイト 経皮毒と石けん

================

★平和な世界と子供たちの笑顔を願って★
♪:;;:Organic peace:;;:♪
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
【HP】 http://hekkoro.com/
【MAIL】hekkoro@tbp.t-com.ne.jp
【へっころメールニュース(メルマガ)】
登録・解除は以下のアドレスに空メールを送信
PC 《登録・解除》http://mini.mag2.com/pc/m/M0047726.html
携帯《登録》M0047726@r.mini.mag2.com
携帯《解除》M0047726@d.mini.mag2.com
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

« 稲刈り初日♪ | トップページ | 10月のごんばちギャラリー »

おいしい・ここちよい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲刈り初日♪ | トップページ | 10月のごんばちギャラリー »

へっころ谷&ごんばち

  • へっころ谷&ごんばち
    安心素材、すべて手作りのナチュラルフード;天然創作料理と手打ほうとう 元祖へっころ谷(創業30年) ごはん処・お休み処 へっつい庵ごんばち(築85年の古民家食堂)
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ