« ご飯を作る。 | トップページ | 7月のごんばちギャラリーの矢田雲優さんより »

2013年8月 1日 (木)

わくわくの種蒔きほうとう教室でした~☆

このところオファーの多い「ほうとう教室」。

あちこち行かせてもらっています。

小学校のPTAさん、小学校の特殊学級の子たち、シルバー人材派遣センターのみなさん、学童保育の子たち・・・

いろんな場所でいろんな人たちとやる度に、

「伝え方のレッスン」をさせてもらっているようです。

もちろんほうとうの作り方もそうなんだけど、

ほうとうの歴史背景、身土不二、一物全体、適応食、小麦のこと、塩のこと、水のこと、お味噌のこと、野菜のこと、種のこと、言霊・・・・・

ほうとうのことを伝えようとすると、

伝えたいことが全部伝わっちゃうからすごい。

だけどそのときの参加者の顔ぶれ・世代・タイプ・立場などによって伝え方に工夫が必要となります。

で、まったく同じ話は二度とできません(笑)

今日のほうとう教室は、

藤沢市内全小学校40人の栄養士さん達とでした。

毎年夏に栄養学の大学教授さんや料理研究家の方を招いて勉強会や講習会をやっているとのこと。

え?

難しい話はできませんけど(汗)


でもね、


藤沢の公立小学校に通う20000人の子供達の給食を一手に担っている方々とのワークって考えたら・・・・



ひょっとしたら僕の情報提供や体験談をお伝えすることによって藤沢市の学校給食の内容が変わる可能性もあるわけで・・・



そりゃーいつも以上にワクワクでしょ~



ということで、



今日も楽しんできました!!



一纏めに栄養士さんと言っても世代も様々だし、

食に対してこれまで受け取ってきた情報や想いが人それぞれ違ったりするので、

同じ話をしても真逆の反応を見せてくれたり、

興味も人それぞれ。


今回のご縁を結んでくれたのは、

子供達が通っている亀井野小学校の栄養士のKさん。

何年か前に先生達の夏休みの研究課題で、

亀井野小学校の給食室でほうとう教室をやったときに参加してくれていました。

「あのときのワークをぜひ栄養士の仲間・後輩達に伝えたい」

とずっと思ってくれていたそうです。




めっちゃ嬉しいじゃないですか!!




やっぱり種蒔きなんですね、すべてが。


そのKさんとの打ち合わせの時に聞きました。

「一番伝えたいことは何ですか」

すかさず、

「美味しくなってねっていう気持ちや言葉が料理に伝わり、子供達にも伝わるんだよってお話です!」

と。



そうなんです。

僕のほうとう教室に参加してくれた方はご存知ですね。

気持ちや言葉で何でそんなに味が変わるのか。


あの夏の先生達とのほうとう教室も、

確かに各チームごとに出来上がったほうとうは同じ材料でちょっとずつ違う味。

そして子供達とやるときはもっとはっきりと違う結果になる。

子供っていうクリーンな媒体を通過していいエネルギーも悪いエネルギーも素直に結果に出るんですね。

そんな体験と話をKさんは覚えていてくれたのでした。

でもね~

これは言葉で説明してもなかなか心に留まるものじゃない。

なので今回もやりました。


例の持ち上げる実験(笑)←最近のほうとう教室参加した方は分かりますよね


これは微妙な味覚の領域ではなくって、

明らかに誰の目にもはっきりと分かる言葉や想いの力。

この力を確認した皆さんは、

その後ほうとうの生地に声かけまくり(笑)


20130801_113206

ということで今日も美味しくできて皆さん大満足♪

20130801_121539


栄養士の皆さんに参考になりそうな本も並べておいたら興味を持ってタイトル控えてくれていました。

20130801_121451



今日の種蒔きがまたどこかで実を結んでくれたらいいな。

さてまたいくつかほうとう教室のオファーが来てるし、

この夏はまた座間の麦っ子畑保育園にお邪魔する予定。

今回は「冷やしほうとう」バージョン♪

どこでも行きます、お役割とあらば。


【ほうとう教室】

グループで、サークルで、職場で、親子で、お友達と、
一緒に楽しくほうとうを作ってみませんか?
小学2年生から培った2代目店主の経験と知恵で、必ず皆さんをほうとうマスターにしてみせます!!
粉からの手打ち製麺/お野菜の扱い方/食育ワーク/ほうとうのうんちく/試食まで、ご希望に応じて様々な話や、レクチャーを交えて行います。
公民館や施設、個人宅、どこへでも伺います。
お気軽にご相談下さいね。(平日限定です)

5~40名様ぐらいまで/所要時間:2時間30分前後/費用:一人2000円

基本設定ですので相談の上。

小学校や保育園等はボランティアでやります。
僕自身は一時ジャンクフードばかり食べていた時期がありましたが、
両親が日本の伝統食で育ててくれていたおかげで現在は味噌醤油の味に戻ってくることができました。
そんな体験から子供たちへの食育はとても重要だと考えています。

お気軽にお問い合わせくださいね。
hekkoro@tbp.t-com.ne.jp
0466-82-1702


‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

フェイスブック、へっころ谷のページができました~
http://www.facebook.com/hekkoro

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

平和な世界と子供たちの笑顔のために★

     No Nukes
        One Love
           Organic Peace


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Twitter
HP】 
【MAIL】
hekkoro☆tbp.t-com.ne.jp(☆を@にしてください)
【へっころメールニュース(メルマガ)】
登録・解除は以下のアドレスに空メールを送信
PC 《
登録・解除
携帯《
登録
携帯《
解除
へっころ谷から南へ47歩の【元氣道場】もよろしくです
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



 

« ご飯を作る。 | トップページ | 7月のごんばちギャラリーの矢田雲優さんより »

おいしい・ここちよい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご飯を作る。 | トップページ | 7月のごんばちギャラリーの矢田雲優さんより »

へっころ谷&ごんばち

  • へっころ谷&ごんばち
    安心素材、すべて手作りのナチュラルフード;天然創作料理と手打ほうとう 元祖へっころ谷(創業30年) ごはん処・お休み処 へっつい庵ごんばち(築85年の古民家食堂)
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ